目標を見つけて

自分は一体何を目指しているのだろう?何がしたいのだろう?
こんな状況になってしまうと何をすればいいのかが分からなくなってしまい挫折を経験することが多くなってきてしまうことがあるだろう。
特に何か新しいことに挑戦をしてみるものも自分の想像をしていたことと違ったりしていて大きくへこんでしまい、何もできなくなってしまう状態などだ。
理想と現実は思うようにはいかないことをしっかりと明白にしておかなければならないこともあるのだが、そんな大きな変化に少しずつでも適応していくのであればまずは自分に何をするのか目標を立てることが先決だ。
目標があるだけでも今まで考えてきたことを整理することができ今何をしたいのかを今一度確かめることができるようになる。
また目標に向かって努力をすることができるようになれば達成をしたときの達成感に嬉しさを覚えることもできてより継続力を増すことができるようになるだろう。
成功者への一歩を踏むためにはまず第一優先に考えることは自分の目標をしっかり立てることである。
しかしここにも大きなポイントがあり、あまり肥大化をしてしまうような目標をいきなり立ててしまうことは良くないことだ。
例えば単純にあと一ヶ月で100万稼げるようになると決めることだ。
確かに目標であるが現実性が無いため、達成をすることが難しい。
そして達成をしなかったときの劣等感を感じさせられモチベーションを持続させることが難しくなってしまうだろう。
そうならないようになるためには少しずつ自分が達成できる目標を細かく細分化して取り組むと達成をする喜びを大きく感じることができるようになる。
そして目標を達成したら満足をしてやめるのではなく新しい目標をどんどん新しく立てていき自分が有利になる状態を常に作り続けることを考えるのが大切だ。